2021-05-06

【初心者向け】取扱説明書を読まないタイプのカメラ初心者はまずはたくさん写真を撮ろう!

カメラを買ったはいいけど、まず何をすればいいかわからない!

そんな風に思った方はいらっしゃいませんか?

スマホとは違って、カメラを使いこなして撮るにはある程度のカメラ知識が必要

初心者にもわかりやすいように作られた本やブログはたくさんあります。

わかりやすい初心者向けのカメラ系ブログといえばはろろぐcameraカメラの大学

いつも参考にさせていただいております!

それに加えて、すずちゃんが教える写真の十八番 今日からうまく撮れる! はじめてのデジタル一眼カメラ脱オートモードでこんなに写真がうまくなっちゃった!といった本を購入して勉強をしました。

しかし!普段から取扱説明書は見ないで実際に使いながら覚えていくタイプのわたしは文章を読んでもさっぱりわかりませんでした!!泣

しまりすの心境を再現。

そんな実践で覚えていくタイプの方は「たくさん撮って覚える」ことをおすすめします!

カメラの知識や構図は、自分が持っているカメラの扱い方に慣れてからでいいんです!

それではいきましょう~!

しまりすが推奨するカメラの上達法

1.カメラでたくさん写真を撮る

まずは、一眼カメラってすごい!こんなにきれいに撮れるんだ!と楽しくシャッターを切ることをオススメします。

まずは自分の持っているカメラと仲良くなりましょう

カメラを使う回数を重ねているうちに、次第にどのボタンやダイヤルを操作すればいいのか理解できるようになります。

2.Youtubeでカメラについて学ぶ

引用:ゆ~とびさんのYoutubeチャンネルより

だんだん自分のカメラに慣れてきたましたか?

そうしたら次のステップに進んでみましょう。

写真系Youtuberさんの動画を見て、写真が上手だなって思う人のカメラの撮り方や知識を学びましょう。

\私はゆ~とびさんの動画でカメラの設定を見て学びました/

動画でカメラの設定を見よう見まねして、実際に自分のカメラでも同じような設定にします。

関連リンク:【初心者向け】おすすめカメラ系Youtubeチャンネル3選

3.カメラ本やブログで知識を深めていく

今まで実践でカメラを使ってきてF値やISO感度、SSなどに慣れてきた!

その専門用語わかるよ!って段階になってくる頃にカメラ本を読みましょう。

さらに深い知識を得るためにカメラ知識講座を掲載しているブログを読むのもおすすめです。

この流れを実践すれば、理解スピードが違う!

邪道かもしれませんが、カメラの知識は一番最後に学べばいいんです。

まずは自分のカメラと仲良くなる

その後は上手い人の撮影の仕方を見て真似ぶ(マネしながら学ぶこと)

最後により深いカメラの知識を得ること。

わたしはこんな流れでカメラの知識を得ましたよーっていう記事でした。

わたしもカメラをはじめて2年生。

学ぶべきことがたくさんありますが、一緒に楽しいカメラのある生活を送っていきましょう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
\シェアする/
関連記事