2021-04-07

休みの日寝すぎてしまうあなたへ/休日おでかけするには「前泊」がおすすめな理由

みなさん、こんにちは!鳩に憧れるしまりすです。

本日、Twitterでこんなつぶやきをしました。

14時に起きると1日の大半を寝て過ごしたことになります。

そんな早起きできない方がうまく時間を使えないか考えてみました。

Q:休みの日、朝早く起きられますか?

A:わたしは二度寝をしてしまい、なかなか起きられません。

明日は待ちに待ったお休み!

せっかくの休みの日だし、有意義に過ごしたいな。
何しようかな?そうだ、行きたかったところに行ってみよう。

やりたいと思ってたことにチャレンジしよう!
このワクワクドキドキは、まるで遠足前の小学生のようです。
しかし、やりたい事だらけの現代人。

ついつい夜更かしをしてしまいませんか?

・録画していたドラマが面白くてついやめられない

・読んでいた小説がもうすぐ読み終わりそう

・あつ森の家のローン返すために、稼がないといけない


私も次の日が休みだと、ついつい写真のレタッチやブログの記事作成、

Twitterなどに夢中になり夜更かししてしまいます。

さあそろそろ時間が遅いから寝るぞ。

明日は休みだし目覚ましは遅めの9時に設定すればいいかな。

明日が楽しみだなあ〜

起きて愕然、午後12時起床。

-次の日時計を見るとまさかの午後12時。

しかも天気は快晴の写真日和で、撮影しに行くには最高の天気。

仕事の日なら朝起きられるのですが、休みの日だけどうしても起きられません。

なんてこった…!(´;ω;`)

日中の明るいうちに動けるメリット

日帰り旅行に行ける

やはり早起きは三文の徳。

午前中から動けると時間が有効活用できるので、行動範囲は広がります。

写真を撮りに行ってみたい場所へ「日帰り旅行」にも行けます。

\都内から行く日帰り記事はこちら/

都内から日帰りフォトジェニック旅!ドラマ・凪のお暇のロケ地にもなった川崎市の東扇島西公園

「みさきまぐろきっぷ」で日帰り旅行/城ヶ島へ行ってきました!

写真撮影には、やはり太陽光がいちばん映える

日中の明るい時間での撮影は選択肢が広がります。

解決策:おでかけ前の前日は「前泊」だ

朝9時に起きれば日帰りでちょっと遠くの場所に行きたかったのに…

また起きれなかった…と自己嫌悪と罪悪感に苛まれるという負のスパイラル。

休みを無駄にしないために考えました。

環境を変えて休前日にホテルに前泊してみよう

寝すぎてしまうたびに何度もGoogleで「早起きするにはどうしたらいいか」と調べました。

寝過ぎてしまうのは気合では解決しません。

前泊におすすめなのは「ビジネスホテル」

ホテルには「ビジネスホテル」と「シティホテル」があります。

(旅館や民泊などは今回は除きます)

「前泊」は寝泊まりができればいいためビジネスホテルがおすすめです。

料金もシティホテルよりビジネスホテルのほうがリーズナブルです。

さらにビジネスホテルは、駅などに近い立地にあり、アクセスが便利なこともおすすめの理由です。

\さらに詳しい情報はこちら/

ビジネスホテルとシティホテルの違いとは? ホテルの種類について紹介

\ホテル予約方法についてまとめた過去記事もおすすめです/

現役ホテルスタッフが解説!/ホテルは結局どの予約方法がいいの?

実際に前泊でビジネスホテルに宿泊!

先日「みさきまぐろきっぷ」で日帰り旅行/城ヶ島へ行ってきました!では、私が都内から一人旅に行く記事を更新しました。

じつはこの時も寝坊しないように都内のビジネスホテルに「前泊」しました。

この日は、ダブルルームで5000円でした。

この日は、しまりす夫も一緒に泊まるということで、残業終わりにホテルで合流しました。

夫が前泊した感想は「平日なのに旅行した気分になれた。気分転換になるし、満員電車を避けられる」と喜んでいました。

翌朝、朝8時にチェックアウト。

夫と近場の喫茶店でカフェラテを購入し、コーヒーを飲みながら駅まで歩き出社する夫を見送りました。

その後三浦半島へ一人旅に出るために品川駅に向かいました。

私の感想は「早起きしたから一人旅に行ける時間を確保できて、有意義な時間を過ごせた」と思いました。

\今回しまりすが宿泊したホテルはコチラです/

the b お茶の水(ザビー おちゃのみず)―楽天トラベル

さいごに

今回は「前泊」について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

前泊するということは、時間をお金で買うということです。

1日は24時間しかありません。

時間は誰にでも平等です。

その時間を有効に使うために私には「早起きできる環境を作ること」が有効でした。

休日、ついついだらけて朝早起きができない方には「前泊」という選択肢は多いにありだと思います。

早起きができない方は、ぜひお試しください!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
\シェアする/
関連記事