2021-06-08

#1 はじめてカメラを買うけど、どのカメラを買えばいいの?/しまりす写真上達への道

こんにちは!鳩に憧れるしまりすです。

今回の記事は、ブログ運営報告3ヶ月(2021年3月~5月)/データ分析して次に活かそうで予告したしまりす写真上達への道シリーズです!

みなさんもわたしと一緒に写真上達への道を歩んでいきましょう!

しまりす写真上達への道とは

このシリーズは、カメラ3年生のしまりすとカメラ初心者の悩めるあなたが写真上達のために一緒に学んでいこう!という企画シリーズです。

文字は最小限にして図解や作例を使って、取り扱い説明書を読まないような人にもわかりやすい記事にしていきます!

カメラの勉強を始めようと思った経緯

私がカメラを購入し、カメラの魅力にどっぷり浸かりはじめて早くも3年ですが、取扱説明書を読まないタイプのカメラマンでした。

こちらの記事でそのことに触れています!

カメラ本も買わず、Youtube動画だけを見てカメラ知識を得ていました。

ブログを始めた当初、カメラを始めたいと思っている人にカメラ知識や撮影のコツについて記事にしようとは思っていました。

だがしかし…

今まで自分の感覚だけを頼りにしていたため、わかりやすくカメラのことを文章として書けないじゃいかないか!

ということで、カメラのHOW TO記事を書くため、改めてカメラの勉強を始めました

それでは本編にいきましょう!

はじめてのカメラ選び①

おすすめのカメラをおしえてください!

そういう質問をよく見るのですが、おすすめのカメラはあなたの撮影スタイルによって異なります。

しかし、購入時に何も基準がないと困ってしまいますよね。

今回の記事では、ざっくり購入時にどんなことを意識すればいいか解説していきます!

「予算」+「形や重さ」=カメラ選びの基準

はじめてデジタル一眼を買うあなたへ→「予算」+「形や重さ」=カメラ選びの基準

最近のデジタルカメラは、基本的な機能はどの機種でも搭載されています。

欲しい機能などにとくにこだわりがなければ

  • 予算
  • 外観や操作性、重さ

この2つで決めちゃっていいと思います◎

車を購入するときを思い出してみてください。

最後は見た目がかっこいい!かわいい!からといった「好み」で決めませんか?

カメラも車の購入と同じような感覚で、予算内で一番気に入ったカメラを買うのが良いと考えています。

ボタンの押しやすさや手に持ったホールド感なども判断材料です。

実際に触ってみてから購入することをオススメします。

また、どのカメラメーカーにしたらいいかというのも悩みどころ。

これはまた別の記事でまとめています。

関連リンク:【カメラの選び方②】どのカメラメーカーのカメラを買えばいいの?カメラメーカー7社の特徴について解説!

デジタル一眼の種類

デジタル一眼は、2種類あります。

一眼レフ

一レフは、光を内蔵されているミラーで反射させるから、AF(オートフォーカス)が速い

メリット

  • カメラ内部に鏡が搭載されているのでAF(オートフォーカス)が早い
  • 高画質、高性能、多様なラインナップ

デメリット

  • カメラ自体がずっしりと重い

一眼レフが適しているシーン

  • 望遠での撮影
  • 動く被写体(野生動物など)の撮影

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼:ミラーがないから軽量&コンパクト

メリット

  • カメラ内部に鏡がない分、軽くて持ち運びしやすい

デメリット

  • 一眼レフカメラと比べるとバッテリー持ちが悪い

ミラーレス一眼が適しているシーン

  • お散歩しながらスナップ写真を撮る
  • 旅行

さらに詳しい説明はコチラ

カメラの「エントリーモデル」「ミドルクラス」「ハイエンド」って何?

カメラの「エントリーモデル」「ミドルクラス」「ハイエンド」って何?

今回は、富士フィルムのカメラでこの3種類のちがいについて解説します。

エントリーモデル

初心者用のカメラとして作られている。価格もリーズナブルなものが多い。

FUJIFILM X-A7

\エントリーモデルで撮影した写真が見られる動画はコチラ/

ミドルクラス

エントリークラスよりさらに機能が充実している。本格的に写真を楽しみたい人向け。

FUJIFILM X-E4

\ミドルクラスで撮影した写真が見られる動画はコチラ/

ハイエンド

カメラが大きくしっかりと撮りたいおもにプロの写真家向け。

値段もハイクラスなため、初心者にはおすすめしません。

FUJIFILM GFX100S

\ミドルクラスで撮影した写真が見られる動画はコチラ/

各カメラメーカーごとの個別の種類についてはコチラ

ファインダーはいる?いらない?

カメラのファインダーはいるか?いらないか?

ファインダーはこだわりがなければついていなくてもいい。

ただ、日差しの強い昼間の場合はモニター画面が反射してよく見えない場合がある。

ファインダーがあればしっかりと被写体を捉えられて、日差しの強い昼間でもファインダーをのぞいて撮影が可能。

欲しいレンズが特にない人は、レンズキットがおすすめ

カメラ単体とレンズキット、どっちを買えばいいの?を解説

購入するならレンズキットがお得です。

レンズは単体で購入するレンズだけで5万もする。カメラを本格的に始めようと思っているなら、後にレンズは欲しくなる。

とくに欲しいレンズがない場合は、レンズキットを購入してみよう。

わたしのカメラ FUJIFILM X-A5:ボディ単体

FUJIFILM X-A5:レンズキット

比べてみたらボディ単体とレンズキットの差額は1万5千円しか変わらりませんでした!

まとめ

そんな感じで、今回ははじめてのカメラ選びについて解説しました。

  1. 「予算」+「形や重さ」をカメラ選びの基準
  2. おすすめは軽くて持ち歩きしやすい「ミラーレス一眼」
  3. ファインダーはあってもなくてもいい(個人の好み)
  4. とくに欲しいレンズがないなら「レンズキット」がお得!

この4つをカメラ選びの基準として、あなたのカメラ選びの参考になれば幸いです。

なにか質問や記事の感想などはTwitterにて受付中です◎

次回予告

しまりす写真上達への道 カメラ選び② どのカメラメーカーのカメラを買えばいいの?カメラメーカー7社の特徴について

次回のしまりす写真上達への道は、はじめてのカメラ選び②カメラメーカー7社の特徴についての解説します!

わたしと一緒にカメラの勉強しましょう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

\今回、記事作成にあたって参考にしたカメラ本/

こちらのカメラ本を参考に記事を作成しました。

漫画形式で読みやすく活字が苦手な人にもおすすめ◎

ちなみにこのカメラ本はKindle unlimited読み放題対象の本です!

\シェアする/
関連記事