2021-04-22

私が「ポジティブでいよう」と決めた3つの理由/言霊パワーは案外すごい!

みなさんは言霊というものを信じますか?私は言葉の力を信じています。

改めて考えてみると高校生のころから「ポジティブでいよう」と決めていたんだなって。

なぜ私がそう考えているのかその理由を3つ紹介します。

1.言葉は自分にはね返ってくる

わたしは昔からいいことをすれば自分に返ってくると信じていました。もちろん今もそう思っています。そしてそれは「行動」だけでなく「言葉」でも同じだと思います。

「きもい」

「うざい」

「死ね」

なんていうワードを耳にするとなんだか自分まで傷つきます。

神経質ではないけどちょっぴり繊細さんが混じっている性格のようです。

自分が言われて傷つく言葉は口にしない。

傷つくワードは巡り巡ってきっといつか自分に返ってくる。

だったら言わないほうがいいんじゃないかなあって。

反対にこういう言葉を口にするように心がけています。

「ありがとう」

「助かりました」

「こういうところがよかったです」

巡り巡って自分に返ってくるのがあたたかい言葉なら悪い気はしません。

たまに「やられっぱなしじゃあ自分が損をするじゃないか」と言う意見も耳にしますが、やり返すと新たな憎しみや悲しみが生まれます。悲しみの連鎖は自分で断ち切ればいい。

悲しいことがあったらいつか嬉しいことがあるから。

…なーんてことを考えています。

2.ポジティブな言葉でネガティブな自分に元気を

ポジティブな言葉もネガティブな言葉も結局自分自身が影響を受ける。わたしはそう思ってます。

じつは元々ネガティブな性格なわたし。

あるときコボリジュンコさんが運営している名言コツコツというブログに出会い、ポジティブな考え方を知るとモヤモヤした気持ちが晴れました。

職場で嫌なことがあっても自分をプラス方向に持って行ける言葉さえあれば乗り越えられます。

「なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ」

「死ななきゃなんとかなるよ」

心の底からそう思っていなくてもそう口にする。

言葉っていうのは発した自分自身が一番近くで聞いています。

だからきっと普段から発している言葉って脳に影響与えてるんじゃないかな。

3.自分がハッピーだから周りも笑顔に

自分がハッピーでないと周りの人をハッピーには出来ないなあって思います。

元気がないときはテレビや本、YouTube動画なんかで元気な人から元気をすこしわけてもらってハッピーを注入しています。帰り道にPOPな音楽なんかも聴いてさらに元気をチャージ。

ドラゴンボールの孫悟空のように「オラに元気をわけてくれ~!」ってね。

そうやって元気をチャージしたら家族に還元する。

これだけの工夫で家族で過ごす時間がしあわせになるなら、万々歳だと思います。

まとめ

ということで、私の言葉の力について改めて考えてみました。

・言葉は自分にはね返ってくる

・ポジティブな言葉でネガティブな自分に元気を

・自分がハッピーだから周りも笑顔に

意識すれば今すぐできることばかりです。

共感していただけたならぜひ今日から自分改革してみちゃいましょう。

こんなこと考えながら高校生時代を過ごしていた自分ってなんかすごいんじゃない?

だなんて自画自賛しちゃうあたり、私は根っからのネガティブではないんだろうなあ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

=人気記事=

\シェアする/
関連記事