2021-03-23

【写真で副業】ストックフォトとは?カメラ初心者でも始められる?

鳩に憧れるしまりすです。

FUJIFILMのカメラが好きで好きでたまらないカメラ女子です。

2019年8月にカメラを購入し、趣味でカメラをはじめて約1年半です。

さて、みなさん副業に興味はありますか?

しまりすはめちゃくちゃ興味ある!ブログやYoutube以外にも稼げる方法ってあるの?

カメラが大好きな君にピッタリのストックフォトという副業があるんだよ。

写真が好きな方は写真でお金が稼げたら最高だと思いませんか?

ストックフォトを利用すれば、あなたの撮影した写真を気軽に販売できます。

今回の記事では、ストックフォトに興味がある方の疑問にお答えします。

  • 写真で副業ってどんなものがあるの?
  • ストックフォトって実際稼げるの?
  • プロじゃなくても写真で稼げるの?

また、ストックフォトがどれだけ売れてるのかすぐに知りたいストックフォト経過報告をご覧ください!

ストックフォトとは

ストックフォト
ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる 
(引用:wikipediaより

わかりやすく解説しているYoutube動画がありますので、こちらも参考にしてみてください。

ストックフォトは、主に広告会社やテレビ局、WEBデザイナーなどが購入者です。

私もストックフォトを始める上でいろいろなブログや動画を調べていましたが、中には売れた写真が「テレビで使われて嬉しかった!」という人も。もしかしたら企業のサイトに使われる可能性もあるんです。

ストックフォトは稼げない?

PIXTAの場合

1枚売れると0.25クレジット 
1クレジット108円(4枚売れて108円)

▶︎1万円稼ぐには、約370枚売らないといけない

獲得クレジットとお支払いについて

つまり、コスパが悪い?

ストックフォトはカメラとPCがあれば誰でもすぐに始められそうで、手軽なイメージがあります。

しかし、必要な経費や必要な時間を考えるとプラマイゼロむしろマイナスの可能性があります。

必要な経費

・カメラなどの機材

・撮影現場までの交通費

・現像アプリの月額使用料

必要な時間

・撮影しにいく時間

・写真をRAW現像する時間

・ストックフォトサイトに登録する時間

単純にこれらを合わせると時給は一体いくら?

アルバイトしたほうが稼げるんじゃないの?とも考えられます。

さらに、ストックフォトサイトにはプロの写真家の方も素材を投稿しています。

本業としてカメラマンをされている方の技術やセンスに副業カメラマンが勝てるのか。不安もあります。

私がストックフォトを始めた理由

フリー素材サイトは、大手競合サイトに個人サイトは勝てない

ブログを開設してまだ1ヶ月、個人でフリー素材サイトだけ収益化していくのは厳しいと感じました。

フリー写真素材は、写真ACなど無料で良質な素材が手軽に手に入ります。
Googleで「写真素材」と検索すると上位は大手写真素材サイトだらけ。

長くブログを続けていくためには、少しでもコストを回収したい(せめてサーバー代だけでも…泣)

そこで、変なプライドを捨ててストックフォトサイトの力を借りことにしました。

ストックフォトをはじめるメリット

これまで、稼ぎにくい理由を説明しましたがメリットもあると感じています。

お金を出して買って頂く「写真作り」を意識するようになる

写真に対する姿勢が変わりました。

ただ楽しく写真を撮るだけではなく、購入者を意識した撮影・現像をするようになります。

ストックフォトに登録するために、たくさんシャッターを切るようになるので必然的に技術も上がっていくと思います。

Googleアドセンス以外の収益源を作る

Googleがアップデートすると検索結果がガラリと変わり、PVが落ちて収益も下がります。ブロガーさんの間ではたびたび話題になっています。

ブログ以外の収益源を作ることによって、Googleからの収益が見込めなくても、ストックフォトからの収益の可能性があります。中には、月3万稼いでいる人もいます。

ストックフォト歴10年のわたなべさんの解説がわかりやすく、タメになるので参考にしてみてください!

ブログもストックフォトも継続するのが収益化のカギですね。

私が登録したストックフォトサイト

  • PIXTA
  • Adobe stock photo

ストックフォトはサイトごとに説明文やタグ付けする時間が必要です。

より多くのサイトに登録した方が売れるチャンスは上がるとは思いますが、最初はそこまで時間を取れないのも現実です。とりあえず大手の2社から初めてみました。

その後のストックフォトの売り上げはストックフォト経過報告をご覧ください。

まとめ:ストックフォトは初心者でも始められる!

ストックフォトはカメラ初心者でも始められます。気になっている方はストックフォトを始めてみましょう。

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
にほんブログ村
\シェアする/
関連記事