2021-04-01

「みさきまぐろきっぷ」で日帰り旅行/城ヶ島へ行ってきました!

みなさん、こんにちは!

鳩に憧れるしまりすです。

先日、Twitterでずらし一人旅へ行ったというつぶやきをしました。

今回は「神奈川県・三浦半島」の「城ヶ島」へ行ってきました。

写真盛りだくさんでお届けします。

ぜひ最後までお付き合いよろしくお願いします!

みさきまぐろきっぷとは?

みさきまぐろきっぷについての図解

\みさきまぐろきっぷとは/

  • 京急の往復きっぷ
  • フリー区間内はバス乗り放題
  • 【まんぷくまぐろきっぷ】で美味しいマグロが引き換えられる
  • レジャーやお土産と交換できる【おもいできっぷ】
みさきまぐろきっぷ

公共交通機関で城ヶ島に行くなら、みさきまぐろきっぷが便利でお得です!

詳細はこちら

みさきまぐろきっぷ│おトクなきっぷ│遊ぶ・出かける│京浜急行電鉄(KEIKYU)

ちなみに京急・品川駅以外の駅からもみさきまぐろきっぷは、購入できます。

各駅からの料金一覧│みさきまぐろきっぷ

城ヶ島ってどこ?

城ヶ島は「島」なので海に囲まれています!

ミシュラン・グリーンガイドジャポン2つ星の島

城ヶ島はミシュラン・グリーンガイドジャポン「近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所」として2つ星を獲得している。

参照:ミシュラン・グリーンガイドジャポン2つ星の島「城ヶ島」

島の観光名所は「馬の背洞門」や「ウミウ展望台」とのこと。

次回はそこまで行ってみたいと思います。

京急電鉄で品川駅から三崎口駅へ

京急・品川駅から乗り換えなしで終点「三崎口」まで乗車しました。

三崎口駅に到着しました!

油壷温泉も行きたかった。

コロナ禍なので今回は行けませんでした。

「ようこそ!三浦・三崎へ!!

 おいしいまぐろを召し上がれ。」

そうなんです。

おいしいまぐろが食べに来たのです。

どこのお店で食べようかな…?

ワクワクしながら改札を出ました。

こんなおいしそうな写真を見たら、まぐろへの期待値が爆上がりしました。

改札を抜けるとおみやげ屋さんがありました。

漁港が近いのでひものやマグロの角煮が名産品みたいですね。

まぐろのみそ漬けなんかもおいしそう。

バスに乗って「三崎港」へ

今回は「三崎港」で途中下車してから終点の「城ヶ島」まで向かいます。

2番乗り場で「城ヶ島」行きのバスに乗ります。

電車に乗るときに使用したAきっぷバスのフリー乗車券として使えます。

整理券は取らずに乗車しましょう。

バスから降りるときに運転手さんにAきっぷを見せます。

はじめてのみさきまぐろきっぷの旅だったので合ってるかどうか不安になりました。

三崎港に到着

無事に三崎港に到着しました。

大きなまぐろのレプリカに目が釘付けになります!

まぐろランチ

お腹も空いたので、三崎港でまぐろランチにすることにしました。

先ほどの大きなまぐろのレプリカの脇道に入っていきました。

すると、良さそうなお寿司屋さんを発見しました。

店先の看板には「まんぷくまぐろきっぷ対象」の文字がありました。

ランチはこちらに決めました!

店に入ると、ねじりはちまきを巻いた大将たちがカウンターの奥でお寿司を握ってました。

回らないお寿司です。

インパクト強めのまぐろ三昧丼

みさきまぐろきっぷ対象商品は、なんと2000円以上のお食事と交換可能でした!

わざわざ三崎まできてよかったな!とこのランチだけで大満足です。

\まぐろきっぷ対象/

  • まぐろ三昧丼
  • 地魚すし(8貫)
  • 三崎にぎり(8貫)

まぐろの「三崎にぎり」を注文しました!

赤身・中トロ・大トロです。

回らない寿司屋の大トロが食べられるなんて幸せです。

汁椀もセットでついてきました。

しっかりと出汁の味がして、美味しいあら汁でした。

いよいよ城ヶ島へ!

再びバスに乗り、城ヶ島へ。

バスの中からとんびが飛んでいるのが見えました。

透明度高すぎ!城ヶ島の海

バスを降りて、海へ直行しました。

見てください!

この透き通った海水の色を!!

ここはダイビングスポット。

ダイバーがここから海に潜っていく場所です。

今回、ダイビングはしませんでしたが機会があればチャレンジしてみたいです。

城ヶ島のダイビングはオールシーズン見どころ満載。

特にウミウシの種類が豊富とのことです!

都心から90分の海で宝石探し!神奈川・三浦半島 城ヶ島

小さな山に登って撮影した港町の景色。

見晴らしが良かった。

写真の奥に橋が見えますが、こちらは観光名所のひとつ「城ヶ島大橋」です。

城ヶ島はリアス式海岸だった

こんな看板がありました。

城ヶ島はリアス式海岸なんですね。

リアス式海岸って小学生のときに習いましたが、関東にもあったとは知りませんでした。

水平線が見えました。

海岸沿いは、ごつごつとした岩の上を歩きます。

女性はヒールなどの高い靴ではなく、スニーカーをおすすめします。

リアス式海岸をカメラをもって散歩

海の底が見えるほどきれいでカシャカシャとシャッターを切っていたら、歩いていたおじちゃんたちに「いい写真撮れたかーい?」って話しかけられました。

「撮れましたー!海がきれいで最高です!」とお答えしました。

すると「今日は曇っているけど、いつもなら富士山が見えるんだよ」と教えてくださいました。

ここから見える富士山…!魅力的な景色なんだろうなあ。

また晴れている日に遊びに行きたいと思います。

城ヶ島の観光スポット「城ヶ島灯台」

城ヶ島には、数多くの観光スポットがありますが、その中の1つに城ヶ島灯台があります。

この灯台は、日本で5番目に点灯した西洋式灯台です。

灯台公園から見える城ヶ島の景色

城ヶ島の雰囲気を写真でお届け

城ヶ島は名所がたくさんありました

密を避けるなら、車移動やレンタルサイクルがおすすめ

今回の旅では、バスが密になりやすいかもしれないなと感じました。

平日でも乗車されている方が多かったと私は思います。

三密対策①レンタサイクル

レンタサイクルのメリットは、三崎口駅から城ヶ島まで密を避けて移動できます。

さらに、潮風を浴びながらサイクリングすれば、バスでは発見できない新たな発見ができると思います。

関連リンク:みうらレンタサイクル

三密対策②車移動

車のメリット

時間に自由が利くことと、さらには少人数で移動できること

車のデメリット

みさきまぐろきっぷは使えないこと、駐車場が必要なこと

車で行く場合は残念ながらみさきまぐろきっぷは使えませんが、駐車場ワンデーパスというお得な制度があります。

城ヶ島内に6か所ある公共駐車場では、どこか一箇所利用すれば、島内他の公共駐車場が1日何回でも利用可能です。これで1日450円だなんてお得です。

関連リンク:城ヶ島駐車場ワンデーパス-(一般社団法人三浦市観光協会)

最後に

三崎口駅近くにて

みさきまぐろきっぷで行く「城ヶ島」への旅、いかがでしたでしょうか。

豊かな自然を感じられる旅は、心のしこりがほぐれていい気分転換なりました。

しかし今はコロナ禍。

旅をする際は、食事前の手洗いの徹底や接触確認アプリ「cocoa」をインストールなど

個人でもしっかりと感染症対策をしましょう。

感染症対策をしながら、密を避けてずらし旅してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

旅の小話:おもいできっぷ使い忘れたぁぁぁ!

じつはお土産と交換できるおもいできっぷをもらっていたのに、すっかり使うの忘れて帰ってきてしまいました。

三崎口駅まで戻ってきてしまうとつかえる場所はなさそうです。

しまりす夫にお土産を買って帰りたかったので、三崎口駅にあったお土産屋さんでこちらを買いました。

みさきまぐろきっぷで旅に行かれる方は、ぜひおもいできっぷを忘れずに使って来てくださいね…!

\シェアする/
関連記事